ファンケル化粧品には落とし穴があるの?オルビスと比較して悪い部分を検証!

無添加スキンケアとして人気を誇るファンケル化粧品。

今では、無添加化粧品といえばファンケルと言えるほどリピーターも多いですし、ファンケル化粧品を知らない女性はいないですよね。

そんなファンケル化粧品には落とし穴があるというネットの情報が流れてきました。

ネットで調べると『ファンケル化粧品 落とし穴』というキーワードが出てきてしまいます。成分に毒性のものが配合されているのか、価格が高すぎるのかなど色々思いめぐらせてしまいますね。

ネットの情報には騙されるな!」と色々な方から言われましたが、こればかりは気になります。

ということで、今回はファンケル化粧品には本当に落とし穴があるのかについて良く比較されるオルビス化粧水との違いを見ながら真実を探ってみました。

また、ファンケルのマイルドクレンジングオイル(マイクレ)の落とし穴も探ってみました。

今回比較するファンケルとオルビスの化粧水はこちら!
ファンケルアクティブコンディショニングベーシック
オルビスアクアフォース

ファンケル化粧品の特徴は?

ファンケル化粧品の最大の特徴は無添加でお肌に優しいという部分で、1970年代に誕生してから無添加スキンケアとして絶大な人気があります。

ファンケル化粧品特徴①:無添加


ファンケル化粧品は防腐剤、香料、合成色素、石油系界面活性剤、紫外線吸収剤などの肌に負担がかかる成分を一切配合せずに必要な成分だけをぎゅっと凝縮しています。

ファンケル化粧品は数々の賞を受賞経験あり

ファンケル化粧品は色々な賞を受賞経験があります。それほど知名度は高く良い化粧品として認められている証拠ですね。

ファンケル化粧品の成分に落とし穴?危険成分は配合されていないか?

では、ファンケルの成分には落とし穴があるのでしょうか?本当は無添加は嘘で危険な成分が配合されているのではないの?

【全成分】
水、グリセリン、ジグリセリン、マルチトール、DPG、BG、メチルグルセス-10、ラフィノース、ペンチレングリコール、スイートピー花エキス、ゼニアオイ花エキス、サクシニルアテロコラーゲン、ヒアルロン酸Na、アマモエキス、スフィンゴ脂質、マンニトール、ローヤルゼリーエキス、加水分解コメエキス、フィトステロールズ、レシチン、ベタイン、エチルヘキシルグリセリン、シロキクラゲ多糖体、キサンタンガム、カルボマー、トコフェロール、リン酸K、リン酸2K、リン酸2Na、クエン酸、クエン酸Na
※この商品は、アルコール(エタノール)を配合しておりません。

引用元:ファンケル公式ページ

ファンケルアクティブコンディショニングベーシックの全成分ですが、防腐剤や香料の原料となる成分は見当たりません

防腐剤で有名なフェノキシエタノールやメチルパラベンはどの化粧品の成分を見ても配合されていることが多いのですが、ファンケルアクティブコンディショニングベーシックには配合されていませんね。

ファンケルアクティブコンディショニングベーシックの注目成分は?

  注目成分
 甘藻エキス  乾燥による外部からの角質へのダメージを防ぎ、ターンオーバーを整える働きがあります。
 フレッシュローヤルゼリーエキス 保湿効果があり、肌荒れ防止としても役立ちます。

それ以外にも独自成分「アクティブセラミド」が配合されていて、肌が自ら美しい角層を生み出す力「自活力」を強くしてくれます。

ファンケル化粧品の成分からは落とし穴は見当たりませんでした。ファンケルは無添加スキンケアで余分な成分、肌に負担がかかる成分は一切配合されていないので、敏感肌の方でも安心して使える化粧品です。

ファンケル化粧品の価格設定に落とし穴?オルビスと比較してみた!

では、ファンケル化粧品の価格に落とし穴があるのでしょうか?ファンケルの価格だけでは判断できないので、オルビスのアクアフォースと比較してみてみましょう。

ファンケル化粧品とオルビスで価格を比較

※この表のすべての価格が税込価格です。

価格比較 ファンケル オルビス
化粧水 1512円(30ml) 1620円(180ml)
乳液(保湿液) 1512円(30ml) 1836円(50g)

ファンケルとオルビスの価格を比較すると、圧倒的にオルビスアクアフォースの方が安いですね。

上の価格表を見ると価格の違いは明らかなのでファンケル化粧品の価格は落とし穴ではないかと思われてしまうのですが、ファンケルは無添加にこだわっている分、お値段が高くなってしまうのです。

また、私はファンケルアクティブコンディショニングベーシックを使用したことがあるのですが、超敏感肌の私でも使うことができるほど肌には優しく乾燥も防げたので、コスパは良かったです(^^♪

価格設定はブランドごとの価格設定やコンセプトにもよるので、価格で落とし穴かどうかを決めてはいけませんね。

マイクレ公式ページはこちら

ファンケル化粧品の口コミに落とし穴?オルビスと比較してわかること!

ファンケルとオルビスの口コミはどのような違いがあるのでしょうか?

ファンケル化粧品の口コミ:WEBアンケート

ファンケルアクティブコンディショニングベーシックとオルビスアクアフォースの口コミをWEBアンケートで集めました。

ファンケル化粧品の口コミ

・べたべたせずにお肌の奥まで浸透するのでお肌がもちもちになります。
・超敏感肌の私でも使えるくらいお肌に優しくて使いやすいです。
・カサカサだった肌が乾燥せずに落ち着いています。
・オイリー肌ですが、日中でもてからなくなりました。

オルビスアクアフォースの口コミ

・さっぱりした使用感で使いやすく、ニキビや吹き出ものも出ないお肌になりました。
・皮脂が抑えられて鼻周りのテカリを抑えることができたのはうれしいです。
・試してみたら肌荒れがすぐに良くなり、、皮膚科に行かずに済みました。
・肌にすーっと浸透していくのがとても気持ち良いです。

どちらも同じくらい良い口コミがあり、口コミではファンケルとオルビスどちらが良いのは順位をつけることはできませんでした。両方とも悪い口コミも比較的少なかったので本当に良い化粧水なのだと思います。

ファンケル化粧品の口コミ:アットコスメ

大手美容サイト『アットコスメ』でのファンケルアクティブコンディショニングベーシックの総合評価は☆5.1でした。

一方、オルビスアクアフォースの総合評価は☆4.3でした。

オルビスアクアフォースの方が価格は高いのに、ファンケルアクティブコンディショニングベーシックの方が総合評価が高いということはファンケルは価格以上に質が高いと評価されていることになりますね。

価格は高いけれどコスパが良いのがファンケル化粧品なんです。

マイクレ公式ページはこちら

ファンケル化粧品に落とし穴はあった?オルビスとどっちが良いの?

結論、ファンケル化粧品には落とし穴がありませんでした。

価格は高めですが、それ以上に質が高くコスパが良いことがわかります。

また、ファンケルもオルビスも質の高い化粧品で私はどちらも使用したことがあるのですが、私はファンケルのアクティブコンディショニングベーシックの方が好きでした。

ファンケルを選ぶ理由①安心して使える

ファンケル化粧品は無添加で防腐剤などの肌に負担がかかる成分が配合されていないので安心して使えます。超敏感肌の私でも使えたので、敏感肌の方にはおすすめです。

ファンケルを選ぶ理由②コスパが良い

一見、ファンケルの価格が高いように感じますが、価格以上に高品質なので私は価格はそんなに気になりませんでした。それ以上に保湿もしっかりできて、べっとりしないので家に一つは置いておきたい化粧水だと感じました。

ファンケルアクティブコンディショニングベーシックにはお試しセットがあり、3024円相当の化粧品一式を初回限定で1510円で試すことができます。

このお試しセットは1ヶ月分使える量が入っているので、十分に効果を試すことができますね(^^♪

また、無期限返品保証も付いているので、満足できなかった場合や万が一何かトラブルが起きたとしても返品・交換することができるので安心して試すことができます。

私もこのお試しセットを購入しましたが、このお試しセットの内容で1か月間使えて1500円は安すぎるなと感じましたね(^^♪

刺激がなく敏感肌の私でも使えて保湿もできて大満足でした。

マイクレ公式ページはこちら

ファンケル化粧品のマイクレに落とし穴?

『ファンケル化粧品 落とし穴』と調べると、『ファンケル化粧品 落とし穴 マイクレ』という言葉が出てきました。

マイクレというのは、ファンケルの大人気クレンジングオイルであるマイルドクレンジングオイルの略語です。

特に受賞経験が多いファンケル化粧品はマイルドクレンジングオイル(マイクレ)。

アットコスメの総合評価を見ても☆5.5と申し分ない高評価でした。

⇒マイクレの口コミをWEBアンケートで集めてみた!

そんなファンケルのロングセラー商品に落とし穴なんてあるわけないですよね~。

結論:ファンケルのマイクレには落とし穴はありません。

ファンケルのマイルドクレンジングオイルは期間限定で半額以下でたった500円で購入することができます。

マイクレを一カ月間試してみる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です